Patients blog

カテゴリー

修復治療

前歯審美症例

自転車で転んで、前歯が折れた患者さまです。

近医にて応急処置を行った後、

前歯をきれいにしたいと来院されました。

01

とにかく被せものだとわからないようなものにして欲しい、できるだけ長持ちするものがいい

というご要望だったので「セラミックスクラウン(メタルボンド)」をご提案しました。

02

 

レントゲン写真です。

根の治療の後、土台となる金属を作製装着しました。

07

 

08

 

土台 及び 土台のフィット確認のレントゲン写真です。

土台のフィットはとても重要です。よくフィットしています。

11

 

10

歯の周囲をきれいに形成し

仮歯を装着します。

仮歯で歯肉の形態や歯の形態のバランスを整え、

歯肉の状態が良くなったところで型をとります。

13

 

型取りにはできるだけ変形の少ない材質を使います。

型取りの際には、歯の型が細部まで採れるように歯の周囲に糸を巻いて歯肉圧排を行います。

12

型取りの後、石膏を流し、模型を作製します。

14

技工士さんに患者さんの要望や歯の色、細かい部分の形態の指示を行い、作ってもらいます。

16

セラミックスクラウン装着後の状態です。

色も形態も、歯肉との調和も良好な被せものが出来上がりました。

17

IMG_8924

患者さんにも満足していただきうれしく思います。

術後2年以上経過しますが、歯肉の状態も色調もよく経過良好です。