博多駅前の歯科医院、歯医者なら樋口歯科

  • 博多駅前樋口歯科
  • 福岡市博多区博多駅前2丁目2-1-1 朝日ビル4F
  • TEL:092-411-2786 ※完全予約制(急患応相談)

ttl_icon知覚過敏

冷たいものがしみたり歯ブラシがあたると痛い!それは知覚過敏かもしれません。
歯をよく見るとくさび状に削れていることがあります。
歯の根が露出したり、歯の象牙質が露出することで、刺激が神経に伝わり痛みを感じます。

知覚過敏の原因

過度なブラッシング、歯周病が原因、歯ぎしりや噛みあわせが原因、歯科治療が原因

知覚過敏の治療

ブラッシングや歯周病が原因のときは、正しいブラッシングで歯が削れたり、歯ぐきが下がるのを防ぎ、
歯の再石灰化を促進することにより知覚過敏が改善されます。
歯磨きの際に知覚過敏用の歯磨き粉や、再石灰化を促進する歯磨き粉を使うと効果的です。
予防のためには研磨剤の入っていない歯磨き粉を使うことをおすすめします。
ブラッシングの改善だけでは治らないときには、フッ素を塗布したりしみているところを覆うお薬を使ったりします。
かみ合わせや歯ぎしりが原因の場合、かみ合わせを調整したり、マウスピースを装着したりします。

歯科治療が原因の場合、ほとんどの場合、時間が経つと治りますが、いつまでたっても治らず、日常生活に支障がでてくる場合には、
神経をとることもありますが、神経を取ると歯が弱くなるので神経をとるのは本当に最終手段です。

ttl_icon顎関節の病気

顎関節症とは?

口を開けるとあごが痛い、音がする、口が開けにくいなどは顎関節症の典型的な症状です。

顎関節症の治療と予防

治療は原因を取り除くことから始まり、歯の治療やかみ合わせに問題がある場合は口腔内に治療が必要になります。
痛みを伴う場合は、お薬を使うことがあり、かみ合わせに問題がある場合は、かみ合わせを調整したり、
希望があれば矯正治療(専門医への紹介になります)を行ったりします。
歯のくいしばりや歯ぎしりがある場合のは、マウスピース(ナイトガード)を作製します。

ttl_icon口臭

口内炎とは?

口内炎とは、口の中の粘膜に炎症がおき、痛みが出る症状です。
口内炎の原因 は、お口の中の傷、ビタミン不足、またストレスや全身疾患によるもの、
ヘルペスなどウイルス性疾患によって口内炎ができることがあります。

口内炎の治療

ほとんどの口内炎は、放っておいても1~2週間くらいで治ります。
気をつけなくてはならないことは、十分な栄養を摂り、歯磨きなどをしっかりとしてお口の中を清潔にするということです。
また口内炎ができている間は刺激のある食べ物は避けましょう。
ただ、中には痛みが非常に強いものや難治性のもの、全身的な病気が原因のものもまれにありますので、
そのような場合には歯科医院へ行って診てもらったほうが良いでしょう。